仕事内容をこだわらない理由

医療や介護の現場で働くことは看護師としての花型の道であり、看護学校や看護学科などを修了して就職する先としては真っ先に候補にあげる人がほとんどです。
病院や老人ホームなどで仕事がしたいから看護師になる人が多いからですが、その仕事内容にこだわるよりも年収にこだわって看護師を目指す人もいます。
もし年収に執着するなら、看護師としての仕事内容にこだわらずに就職先を選んだ方が生涯賃金は高くなります。
医療や介護の現場で生涯働いても年収は意外に上がらないものであり、その結果として生涯賃金が低くなりがちなのです。
そのため、生涯働くという長期的な視野を持つと企業に就職した方が年収は上がる可能性が高いのが実状であり、製薬メーカーや医療機器メーカー、治験企業などに勤めるのが賢い判断になります。
病院でも福利厚生が充実しているとはいえ、違う形で充実した福利厚生が得られるのも企業で働くことのメリットです。
土日が確実に休みになる企業も多く、有給休暇を消化しやすい状況がある場合も多々あります。
病院のように子育て支援が充実しているとは限らないものの、子育てに苦労しないで済むように定時で毎日帰宅することもできる現場も多数あるのが事実です。
職場を選べば生活をしやすい状況を作りやすいことから生涯働くことも容易になるでしょう。
そのような考え方から、看護師としての医療や介護の仕事にこだわりをもたずに企業に就職するのは一つの考え方として有用なのです。
同じ医療系でも、職種より生涯賃金は全く異なります。
医療系で働く人は、職種ごとの生涯賃金を知って職種を選ぶことが将来的に役立つかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です